赤ちゃんのカラダはお母さんです私のカラダが基本です

自分が懐妊、お産をしたのはぎゅっと1時ほど前述だ。それまで通勤2時間そばかけて正社員で働いていた社を退職し、近所の社へ職務の職務を派遣で始めました。

懐妊が分かったと共に、義母君がサプリの「葉酸」をギフトしてくれたのをきっかけに、四六時中呑みました。朝飯後の仕事前に必ず呑むようにするという、くらしのローテーションが自然に出来たみたいで状態がいい感じでした。

ごはんは持ち出しなくては行けない社だったので、お弁当を手作りしてなるべく塩気の力強いカップラーメンや、フルーツの取り過ぎに注意しました。カルシウムを取る結果、3ときのおやつは「摂るにぼし」を食べて、ノンカフェインコーヒーを呑みました。

つわり時期はめまいがしたり、肩こりがひどくなったり、げっぷがのどにつかえてある模様が続いていました。疲れたらあっという間に休むとか、ボディを冷やさないように四六時中入浴してリラックスしたりして工夫して過ごしました。

社が平日や帰国後は、世帯の中でスクワットで雑巾がけをしました。おなかが大きくなってくるとお尻の筋肉が緩みがちになるんだけれど、意識して肛門を閉める模様がお産の時にいきむ結果に役立ちました。

そうしたら乗り物がむくんでつらかったから、寝る前に主人にマッサージを通してもらったりしました。寝る時は毛布を丸めてふく陣はぎの下に置いたけど、つってしまって夜中に目が覚めることが何度もありました。

便秘護衛に階層に寝転んでひざを立てて、おなかを中心にしてボディを影響に切り回すエクササイズをしました。また、傍をウォーキングして小気味よい動きを通して動き片手落ちを発散させました。

定期検診ではウェイト伸展に注意するように産婦人科から指導があったので、主人って頻繁に出かけていた食べ放題の食堂へ行くのを閉め、食べ過ぎないみたい四六時中ウェイト累算にのぼりました。

お産直前の3ウィーク位は貧血のデータが出て産婦人科で鉄分の薬を処方箋されたので、ごはんにレバーや納豆、赤みの肉やほうれん草を足しました。

ベイビーへの栄養素は、全品妻です自分からへその緒を通して与えられるに関してがあるという、懐妊前にはきちんと思わなかった健康になろうという意識がきつく芽生えて、不思議とごはんや動きに気をつけることが出来ました。

そうしてセキュリティー元気なベイビーを産後は、妻が健康であることを基本にしてベイビーも健康になるのだと信じて四六時中養育しています。http://www.tsumugi-ricochet.com/